美しい肌がよみがえる三種類の水

お水の選び方

一、「カルシウムの豊富な水」

カルシウムは骨を強くするだけでなく、体内すべての細胞が活動する時に必要なのはミネラルです。
心臓や肝臓の働き、ただの細胞の生まれ変わりもカルシウムの働きです。
カルシウム単体で摂取するサプリメントはあまりおすすめできないわけは、体への吸収率が低いからです。
カルシウムを有効に活用するにはマグネシウムの働きが必要なのです。
食品でとる場合はどうでしょう?
平均で牛乳からは40%、小魚で30%、野菜で20%です。
案外、吸収率は高くないです。
しかし、天然水のカルシウムのミネラルはイオン化され、粒子が非常に細かくなっています。
そのため、天然水の場合はほぼ100%完全に吸収できるのです。

二、「アルカリ性の水」

体が疲れている時は、体内は酸性に傾いているため肌が荒れやすくなっています。
そうした時はアルカリ性の水を飲んで、体を弱アルカリ性にリセットすることが大事です。
そうすることにより、体調も整い、肌荒れもおさまってきます。
また、炭酸水にも疲れの原因となる乳酸を中和する働きがあり、肌荒れにも効果を期待できます。

三、「若返りの水」

雪解け水は若返りの作用があると古代から重宝されてきました。それを参考に自分で手軽に「氷結水」が作れます。
平らな容器に水を半分だけ凍らせ、凍ってない部分は捨ててしまいます。
水は不純物が含まれていない部分から凍っていくので、その原理を利用した方法です。
この氷結水は肌の若返りに良い結果をもたらしてくれます。

関連記事一覧