ドライアイ・眼精疲労もアルカリ性の水で改善!

お水の選び方

パソコンを使ったデスクワークの人が増えるにつれ、ドライアイも増えています。

ドライアイとはパソコンなどの画面を凝視することで、まばたきの回数が減り、涙の膜が再生されにくく、乾燥します。
そうすると、目に傷がつきやすく、痛みやゴロゴロ感などの症状が現れます。
また、光をまぶしく感じたり、視界がかすんだりするようになります。

このように、目の健康には涙が重要な役割を果たしているのです。

体内の塩分量が減ると、涙腺の塩分濃度よりも血液の濃度のほうが高くなり、目の水分が血液に吸い取られてしまい、ドライアイがさらに強くなってしまいます。

目の健康にもこまめな水分補給が重要です。

適切な水を飲むことで、ドライアイや眼精疲労などの目の不調は改善していくのです。

関連記事一覧