痩せていて筋肉質な人の方が体内水分量が多い!?

お水の選び方

体内の水分量は若狭と美の源

成人の男性の体は約60%が水分ですが、女性は約55%が水分です。
男性よりも5%も少ないのです。
水分含有量が少ない女性は、意識して水を飲まないと水不足になりやすく、それが肌にも顕著に現れます。
体内の水分量は組織によっても違い、例えば皮膚は約72%,筋肉は75~80%もの大量の水分を含みます。
ですが、脂肪はわずか10~30%しか含まれません。
一般に女性の体の方が男性より筋肉が少なく、脂肪が多くできており、この筋肉量の差が、体内水分量の差となって現れています。
さらに、年齢によっても体内水分量は変化し続け、胎児は約90%なのに対して、成人では約60%。
高齢になると約50%になり、女性はこのマイナス5%となります。

つまり、老化とは水が体内から失われていくことだと言えるのです。
シワや乾燥が気になりだしたら、老化が始まっているのかも。。。
いつまでも若々しくいるために、良質の水をしっかり飲んでください。

関連記事一覧