ミネラルウォータのミネラルとは?

お水の選び方

水に含まれるミネラルが健康な体づくりを支える

ミネラルウォータには、カルシウムやマグネシウム以外にもさまざまなミネラルが含まれます

特に大切なのは、カルシウム・マグネシウム・ナトリウム・カリウムの4つです。
また、亜鉛・マンガン・セレンなどのミネラルを含む水もあります。

では、これらのミネラルが体内でどのように働くのでしょうか?

●カルシウム
ミネラルの中で、私達の体の中で最も多く含まれるのはカルシウムです。
その99%は歯や骨を形成しています。
骨粗しょう症、高血圧や動脈硬化の予防にも欠かせないものです。
イライラなど精神的不安を和らげる効果もあります。
ですが、日本人に最も不足しているミネラルはカルシウムです。
日本の水は軟水でカルシウムの含有量が少ないため、カルシウム不足になりやすいのです

●マグネシウム
カルシウムが体内でしっかり働くように支えているのが、マグネシウムです。
ですから、カルシウムをしっかり摂取していても、マグネシウムの摂取量が少なければカルシウムは吸収されません。
カルシウムが2に対してマグネシウムは1の比率で摂取するのが理想的だと考えられています。
マグネシウムはとり過ぎれば下痢になりますので摂取量を気をつけましょう。

●ナトリウム
食塩を生成するナトリウムは、普段の食事から十分に補えます。
むしろ過剰摂取は高血圧やむくみの原因になるので摂り過ぎには注意が必要です。

●カリウム
細胞内液で酸・アルカリのバランスを整え、浸透圧を調整するのが主な役目です。
カリウムは食品中に多く含まれていますが、排泄されやすい性質があるので、普段から気をつけて摂取したいミネラルの一つです。
不足すると、疲労やだるさの他、心臓の以上を招く原因になります。

人の体はミネラルを生成できないが、大きく健康状態を左右する大切なものです。
数種類のミネラルがよく含まれた良質の天然水を上手に利用し、効率の良いミネラル補給を心がけたいものです。

関連記事一覧