水分補給の1日の摂取量の目安

お水の選び方

人間の体は水分で機能が保たれています

私たちの体は成人で体重の約60~65パーセントが水分です。
この水の働きにより、栄養素や代謝物の運搬、体温の調節などが行われ、生命の機能が保たれています。
健康を維持するのに毎日水分補給をする必要があるのは、このためです。

人間の体が1日に排出する水分の量の合計は、約2.3リットルにもなります。
不感蒸泄(皮膚や呼吸を通して水分が失われていること)で約1リットル、尿や便で約1.3リットル。
なので健康な人は、1日の排出量とほぼ同じ約2.3リットルの水分を飲食物から補給する必要があります。
平均的な食事で約0.8リットルの水分を摂取できるので、残りの約 1.5リットルを飲料水から摂取しなくてはいけないのです。

この摂取量と排出量のバランスがくずれると、さまざまな症状があらわれます。
水分が不足すると、脱水症や熱中症の原因になり、過剰に摂取した場合、水中毒という症状が引き起こされます。
内臓に負担がかかり体がだるくなったり消化不良を起こしたりするのです。
これは体内のナトリウム濃度が低下するためで、ひどい場合は死に至ることもあります。

バランスの良い水分補給が大切なのです。

関連記事一覧