水で健康!血液サラサラで快調!

お水の選び方

一日3リットルの水を飲む習慣をつくると、細胞の老化を遅らせ、血液がサラサラになる?

一日に体から出て行く水分は2リットル、最低でも2リットルの水を摂取しなくてはいけません。
一日に飲む水の量は1.5リットルと言われているので、その2倍の3リットルを飲むことで体に嬉しい効果があります!

1、水で便秘がすっきり解消!
水をたくさん飲むと、便のカサを増やし適度にやわらかくなるので、便通がよくなります。
それに朝1杯の水は、胃腸を活性化させ便秘の解消になります。
他にも、ミネラル分の多く入ったミネラルウォーターは、腸を刺激するので便秘に効果的です。

2、寝ている間も水分たっぷり!
寝ている間でも呼吸をしたり汗をかいたりするので、水分の補給が必要です。睡眠中の水分のバランスを保つためにも、寝る前に十分な水分補給をしましょう。
寝る前に水分を取ると「むくみ」が気になる!という方がいますが、むくみは新陳代謝がうまくいかないために起こります。
新陳代謝をよくするためには、普段からの水分のバランスを保つことが重要です。

3、血液ドロドロを血液サラサラに!
カラダの中の水分が不足すると細胞がどんどん衰えています。これが、血液ドロドロの原因です。
血液ドロドロは、脳梗塞や脳血栓などの血管障害が起こるだけでなく、栄養が全身に行き渡らず栄養障害になったり、精神の病気の神経障害になったりします。免疫力が落ちるので、病気がちで不健康になります。
ところが、水をたくさん飲んでいると、細胞に十分な水が行き渡るので、血液サラサラになりカラダが健康になります。

4、脳をみずみずしく、若さの秘訣!
年をとるに従い、カラダは水分不足の状態になります。これは、脳にとっても言えることで、脳の水分の不足は、そのまま老化現象となって現れます。
脳をみずみずしく保って、若さをキープしましょう。

5、運動時の水分補給は、とっても重要!
汗をかくことで、カラダの水分はどんどんとなくなっていきます。水分補給をしないと、脱水症状や熱中症になり、死の危険まで起こります。
運動をした時や下痢をした時は、水分の補給を心がけましょう。
また、水分バランスを保つことで、新陳代謝を活発に働かせるので、ダイエットやむくみ防止に効果的です。

6、水太り?!それとも、水でダイエット?!
よく「水太り」という言葉を耳にしますが、水を飲むことで太るということは、絶対にありません。
むしろ太っている人は、カラダの水分量が少ないので、水分がとても必要なのです。
食前に水を飲むと、胃液の濃度が下がったり、胃がふくれたりするので食欲を抑えることができます。
さらに、新陳代謝が活発になり、エネルギーの燃焼を助けるので、ダイエットには効果的に働くと言えるでしょう。

関連記事一覧