どんな浄水器や整水器を使っていてもメンテナンスをしないと逆効果!?

お水の選び方

メンテナンスの時期を把握しておくことが一番大事

浄水器をうまく活用して、毎日の料理などに役立てたいものですが、種類もさまざまで、価格も性能もピンキリです。
そこで、「自分がどの段階で納得できるか」を基準に考えると選びやすくなります。

水道水は料理に使うだけで、塩素やトリハロメタンなどを取り除ければ十分という人は、活性炭を使った最もメジャーで安価なタイプでよいでしょう。
その次は、鉛や雑菌など粒子の細かい不純物も取り除く、濾過膜に通すタイプの浄水器が必要です。

もっと積極的によい水にしたいなら、アルカリイオン整水器です。
非常に高価ですが、糖尿病や肝臓病などの慢性的な病気を抱えている人は、体質改善のために毎日沢山の水を飲むため、購入する意義は高いでしょう。

なお、どのような浄水器や整水器を使っても、フィルターの交換の時期を気をつけてください。
フィルターの交換を怠ってしまうと、逆に雑菌が繁殖した水になってしまいます。

使用料にもよりますが、説明書をよく読んで、メンテナンスの時期を把握しておくことが一番大事なのです。

関連記事一覧