体内の水分不足が体や顔の「むくみ」の原因!?

お水の選び方

水の取り過ぎがむくみの原因だと思っていませんか?

実は、取り過ぎではなく、体の水分不足が原因なのです。

水をきちんと飲まずに、体が水分不足に陥ると、脳は体内の水分量を確保するため、水を外に出さないように命令します。
尿が出なければ、老廃物がたらだに溜まり、血液循環や新陳代謝も滞ってしまいます。
これが「むくみ」の原因です。

疲れている時はとくにむくみやすく、疲労によって新陳代謝が悪くなり、体内の水分量の低下が重なり、むくむ方向へと体が悪循環にはまっていくのです。

むくみやすい人は、アルカリ性でカルシウムがほどよく含まれている水を選びましょう。
アルカリ性の水は疲労をかいグクする作用が、カルシウムには血流を促進する作用があります。
血流が改善されればむくみは消えます。

腎臓が弱っていてむくみが出ていることもあるので、ナトリウム成分を多く含む水は避けましょう。
ですが、多少のミネラルは代謝を良くするためには欠かせません。
これを考えると硬度100〜300ミリグラムくらいのアルカリ性の中硬水か硬水がちょうどいいでしょう。

関連記事一覧