採水地を知れば水の特徴がわかります

お水の選び方

ボトルラベルをチェックしてみましょう

農水省は採水地の特徴から水を7種類に分類しています。
原材料はボトルのラベルに記載されていますので、ここをチェックすれば水の特徴を把握できます。
たとえば、地下から湧き出す鉱泉水や、温泉水、鉱水などはミネラルが含まれていると判断できます。
自分が飲む水がどんな場所や環境から採水されたのかを認識することが大切です。

浅井戸水 ・・ 浅井戸からポンプ等により取水した地下水
深井戸水 ・・ 深井戸からポンプ等により取水した地下水
湧水 ・・・・ 不圧(自由面)地下水、被圧地下水の区別によることなく、自噴している地下水
鉱泉水 ・・・ 自噴している地下水のうち水温が25℃未満の地下水であり、
        かつ、溶在鉱物質等により特徴づけられる地下水
温泉水 ・・・ 自噴している地下水のうち水温が25℃以上の地下水、または、温泉法第二条に
        規定される溶在鉱物質等により特徴づけられる地下水
伏流水 ・・・ 上下を不透水層に挟まれた透水層が河川と交わるとき透水層内に生じる流水
鉱水 ・・・・ ポンプ等により取水した地下水のうち溶在鉱物質等により特徴づけられる地下水

関連記事一覧