水をおいしく飲むための温度があるって知ってましたか?

お水の選び方

味覚は人によって異なり、心地よいと感じる温度も違う

自分に適した温度をみつけることが大切ですが、目安としては、人が最も心地よいと感じる温度は5~12度とされます。
この温度を基準にしてみてください。

冷蔵庫に長時間入れておくと水は冷えすぎてしまいます。
夏場なら、コップに移した水を少しおいておけば、すぐに温度は上がります。
冬場ならあえて冷やす必要はないでしょう。常温で15~18度くらいなので十分に美味しく味わえます。

ミネラルウォータの持つ味わいは、主に甘みと苦味ですが、特に甘みは水を美味しく飲む大切な要素です。

人間が甘みを最も強く感じる温度は、体温と同じ36度前後です。
ですが、加熱してしまうとせっかくの健康作用が失われてしまいます。
ミネラルウォータのまろやかな甘味を味わいたい場合は、常温で飲むのが良いでしょう。

炭酸水は、さわやかな美味しさを味わうために、やや冷やすのが良いようです。

〜おいしい水の温度の目安〜
●軟水・・・(夏)7~12度 (冬)15~18度
●硬水・・・(夏)7~10度 (冬)12~15度
●炭酸水・・(年間)7~12度 

関連記事一覧