腎臓、胃腸が弱い人には適さない硬水!

お水の選び方

水選びで最も重要なのは、自分の体調に適した水かどうか

どんな体調の時に、どんな水を飲むかが大切です。

例えば、アルカリ性の硬水を飲んでいれば脳梗塞・心筋梗塞を防げるのは、疫学的にも証明された事実ですが、腎臓に障害があるとカルシウムを濾過できないため、かえって毒となってしまう結果になります。
胃腸の弱い人が飲むと、豊富なミネラルがかえって消化の負担となり、健康を害しかねません。

アルカリイオン水には活性酸素を抑える作用がありますが、胃酸の分泌に以上がある人にとっては、胃酸の働きを弱くするアルカリイオン水は健康の妨げとなります。

水の力を活用して疾患や不調をリセットするには、まず自分の体の状態を把握し、体調にあった水を選ぶようにしましょう。

きっと、長寿をかなえる妙薬となってくれることでしょう。

関連記事一覧