「酸性」と「アルカリ性」の水の違いは?

お水の選び方

健康増進に優れているのは、アルカリ性の水

健康な人の体は弱アルカリ性なので、アルカリ性の水は体ととても相性が良く吸収率も高くなります。
新陳代謝を高め、活性酸素の働きを抑えるアルカリ性の水は現代人に必要な水といえるでしょう。

対して、酸性の水は抗菌作用があり弱酸性の水でうがいをすると、風邪のひき始めに効果があります。
炭酸水も弱酸性の水が多いので疲労を感じた時に飲むと、スッと疲れが和らぎます。

ですが、体を酸性に傾かせることは健康に良くないので日常的に飲むのはアルカリ性の水。
疲れた時に飲むのは炭酸水と、飲みわけが必要でしょう。

ちなみに、肌は弱酸性で雑菌が繁殖するのを防いでいます。
しかし、汗や脂などで肌が汚れてくると、肌はアルカリ性に傾き雑菌の繁殖を許してしまうので、酸性の水は、顔を洗う時や化粧水などで使うと美肌に役立ちます。

関連記事一覧