「がん」をも防ぐ水

お水の選び方

良質の水を日頃から飲み続けることが、がんの発生を防ぐ

医学界が注目しているものが、もう一つあります。それは、がん予防です。
がんの発生に深くかかわっている活性酸素。
活性酸素とは非常に強い酸化力を持つ酵素分子で、異物を排除する強力な働きがあります。
一方で、酸化力があまりにも強いがために、正常な細胞をも傷つけ、がん細胞へと変えてしまう性質をもっています。

現代は活性酸素が発生しやすい社会です。それは、食品添加物や農薬。ダイオキシン、タバコの煙などの、体が害と判断した物質が体内に入り込んできた時、それらを排除するために活性酸素がたくさん発生するのです。

ですが、近年の研究により、活性酸素を中和して無毒化したり、酸化されてしまった細胞を元に戻したりする素晴らし力が、水にはあることが確認されました。

水はがんをも防ぐことが可能なのです。

関連記事一覧