えっ?水でアトピー性皮膚炎が改善する?

お水の選び方

水をしっかり飲むことがアレルギー性疾患改善の糸口

アトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症などのアレルギー性鼻炎を総称して「アレルギー性疾患」と呼びます。
今では国民の三人に一人がアレルギー性疾患を持っていると言われています。
しかし、このアレルギー性疾患も水の飲みかたしだいで緩和できるのです。

水に含まれるミネラルは、アトピー性皮膚炎の改善には重要です。
特にカルシウムには殺菌類の働きを抑え、イライラやストレスを和らげる効果があります。

かつて、私達人類はさまざまな生物と一緒の環境で生活していました。
体内にも多くの生き物が共存し、腸内細菌の種類も豊富で、ビタミンの合成や免疫力の増強に力を貸してくれていました。
しかし、近代社会ではそれらを不潔なものとして排除してしまい、免疫力が育たなくなってしまったのです。

アレルギー性疾患とは、免疫の誤作動により現れる疾患です。

現在、子どものアトピー性皮膚炎は10人に1人と増加しており、離乳の早さもその要因ではないかと考えられています。
乳幼児の頃から動物性タンパク質を与え続けると、アミノ酸まで分解されず、そのまま吸収されアトピー性皮膚炎になりやすくなるのです。

関連記事一覧