高濃度水素水とはどのようなもの?

水素水の効果・効能

効果を期待できる高濃度水素水を選びましょう

高濃度水素水とは
水素濃度を高めた水素水です。
活性酸素を除去するためには、できるだけ多くの水素を取り入れた方が効果があるということで、高濃度水素水が生まれました。

活性酸素は多くの人が知っているように、年を取ると同時に増えていきます。
今では、活性酸素が増えると老化すると考えられているほどです。
実際には研究段階で医学的根拠はこれからですが、多くの研究者が癌やアトピー、花粉症や高血圧、糖尿病といった疾患を予防したり、アンチエイジングや美肌効果が高濃度水素水を体内に取り込むことで改善されると報告しています。

今とても人気のある飲料水ですから、いろいろなメーカーからペットボトルだったり、家庭用サーバーだったり、サプリメントまで出ています。
しかし、ほとんど水素の含有量がないという粗悪品が出回っています。

いろんな形態の水素水が販売されていますが、効果を期待するなら水素の濃度がはっきりと表示されたものを購入することをオススメします。

容器に「溶存水素」「水素濃度」そして具体的な数値として「ppm」が表示されているかどうかを必ずチェックしましょう。1ppmは、100万分の1であり、数値が大きいほど溶存水素が多いことを示します。
ちなみに、常温・常圧における水素飽和濃度は1.6ppm。
ですからこの数値がほぼ最高値。

この数値を覚えておけば、購入する高濃度水素水の品質の目安が付きやすくなりますよ。

関連記事一覧