脱水症状には、水を飲まずに体液の成分に近いスポーツドリンク!

お水の選び方

熱中症や脱水症状になってしまった時には、水を絶対にのんではいけません。

吐き気や頭痛に襲われるような脱水や熱中症を起こしたら、喉は乾いていても、体はミネラルウォータをうけつけません。

熱中症になった体は細胞が水分を失い、細胞内は塩水を煮詰めたような状態です。そこに真水が入ってくると
細胞の内外は浸透圧の差が大きくなり、細胞の機能が狂ってしまいます。
そして、浸透圧が一定のラインを越すと、脳がもう水を飲むなと指令を出すのです。
しかし、水分を補給しなければ血液の濃度がどんどん上がってしまいドロドロになります。するとこれ以上の水分喪失を避けるため、今度は発汗しなくなり体温がこもってさらに上昇します。

熱中症の症状が出てきたら、スポーツドリンクまたは塩分を含んだ水を飲んでください。
汗をかいて奪われたナトリウムイオンやカリウムイオン、カルシウムイオン、マグネシウムイオンなど、体液に成分に近い
電解質を含む水分を補給することが必要なのです。

関連記事一覧