加齢臭対策には日本の伝統食生活が一番!!

加齢臭対策

タンパク質を摂るなら肉より魚、魚より大豆

タンパク質は体を作る大切な栄養素です。摂取したタンパク質を体が取り入れるためには、さまざまな物質に分解していかなければいけません。
分解していく上で代謝に時間時間がかかり、腸内の悪玉菌がこれを分解することで、刺激臭を持つ物質が沢山作られてしまいます。その腸内環境の悪化は体臭に直結するのです。
大豆から摂取される大豆サポニンは抗酸化作用を持っているので、肉をたべるより豆腐を食べましょう。
加えて、ヨーグルトや納豆などの発酵食品を食べれば腸内環境は良くなり、悪玉菌の活動を抑制することもできます。

そして、減らすべき大切なものがあります。
それは、お酒・タバコ・ストレスです。
この3つはせっかく摂ったビタミンCを消費してしまいます。

健康食とストレスのない生活。これが加齢臭防止のポイントのようです。

関連記事一覧