加齢臭には冬場も夏場も違いはない??

加齢臭対策

冬場の衣服についた加齢臭には気をつけましょう

寒い時期より暑い時期の方が汗もかくし、さぞ加齢臭もきついだろう・・・
そう思っている人が多いのではないでしょうか?

ところが、冬より夏のほうが条件はわるいものの、実際にそのとおりにはいきません。
その理由は
・夏場は汗をかくのでシャワーをよく浴びます。しかもマメに着替えるので、ケアが行き届く。
・冬場はその逆で、シャワーをあびる機会が減り着替えの頻度が減る。
・冬場は汗臭さがなくなる分、ベースにある加齢臭がストレートに出てきやすい。汗は減るが皮脂の分泌量は同じ。

そしてさらに危険なのが「コートなどの厚手の衣服に移った加齢臭」です。
薄手のシャツなど体に触れやすい衣服だけではなく、厚手のしっかりとした生地のジャンバーやコートなどにも、ニオイは繊維の奥深くにまでしみ込みます。
衣服が冷えている時はあまり気にならないのですが、着たり、温かい部屋に入ったりすることで、ニオイの物質は発散しやすくなります。加齢臭をバラまくことになる前に夏場と同じく体を清潔にし、衣服をまめにクリーニングや洗濯をしましょう。

関連記事一覧