ラウリルベタイン(ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン)

美容・健康 用語集

配合目的:界面活性剤、帯電防止剤

毒性:殺菌作用が強く、浄化槽のバクテリアを死滅させる危険性がある。環境を汚染する成分として報告されている。

関連記事一覧