なんと!!人間の出すニオイは7種類もある?!

加齢臭対策

自分の体臭が変化したと感じるのは20代では3割ほどですが、枕カバーなどが脂くさくなるなどの原因で、50代になると6割以上の人が体臭が変化したと感じます。
二オイの気になる部分の1位はワキ、2位は首や胸です。
確かに市販の体臭対策スプレーはワキに向けた商品がとても多いですが、加齢臭対策に向けた商品はまだまだ少ないのが現状です。
 
人間のニオイを細かく分類すると、次の7種類になります。
①スパイシーなクミンのようなニオイ
②すっぱいニオイ
③脂っぽいニオイ
④生ぐさいニオイ
⑤ホコリっぽいニオイ
⑥湿っぽいニオイ
⑦その他のニオイ
 
「ワキの下のニオイ」を分析すると①+②+③。
ツンときてスッパくさくてじんわりと脂くさい。ということになります。
 
「加齢臭」はニオイの性質自体は単純に脂っぽいだけで③のみですが、強いニオイでしぶとく持続するため、しっかり対策をとる必要があるのです。

関連記事一覧