「皮脂の分泌量」が多い人ほどニオイやすい!!

加齢臭対策

だいたい夜寝る前、10時ごろに入浴をしている人が大半だと思いますが、いったい皮脂はどれくらい放置すると、あの悪臭を発するのでしょうか?
 
まず、寝ている間に汗や皮脂が衣服に付着します。
それから、通勤の最中にも汗や皮脂が分泌されています。
分解された汗と、酸化した皮脂はそれぞれに時間差でニオイを発しはじめますが、12時になる前からにおい始める人。
お昼を過ぎたあたりからにおってくる人。それを過ぎて午後にならないとにおってこない人。などさまざまです。
それは、皮脂の出る量が基本になっていると思われ、つまり「脂症」の人はニオイやすいということになります。
 
脂症の人はできれば、朝風呂に入ってニオイの発生を遅らせましょう。
体を拭き取るボディーシートも効果的です!!

関連記事一覧