神秘の水?酸素水

お水の選び方

通常、空気中の酸素濃度は21%ですが、都市部では排ガス汚染や、密閉された生活などにより、酸素濃度は20%しかないとされています。

わずか1%の差でも、めまいを生じたり、ストレスが溜まったりする恐れがあります。

そこで近頃ブームになったのが「酸素産業」です。
酸素バーや酸素カプセル、高濃度の酸素水などなど。

しかし、酸素水が体にどう作用するのか、医学的なメカニズムでは解明されておらず、実態はわかっていません。

ですが、酸素は味の重要な決め手となっているのは事実で、酸素の抜けた水はまるで美味しくありません。

このように実際のメカニズムや健康への実態がわかっていないのに、さまざまなタイプの水が登場するのも、興味深く神秘的なところですね。

関連記事一覧