水の「リラックス」効果とは?!

お水の選び方

様々な水のリラックスの効果

水には様々なリラックスの効果があります。
水の音を聞いたり、水のある風景を見てリラックスしたり、温泉などに入っても心身ともに癒されます。
水の「リラックス」効果とはどのようなものなのでしょうか?

1、飲む水
水に含まれるカルシウムやマグネシウムには鎮静作用があると言われています。
たとえば夜寝付かれないときに、コップ1杯の水を飲むとリラックスし寝つきやすくなったり、緊張した場面で水を飲んで一息入れると落ち着けます。

2、聞く水
川のせせらぎの音や海の波音、静かな雨音など、水の音を聞くと心が癒されます。
さらに自然の音だけでなく、ししおどしや水琴窟など、水を利用した人工の音にも癒しの効果があります。
私たちはせせらぎの音などを聞くと爽快感を得ることができます。
このようにイメージリラックス効果があるのです。

3、見る水
海に行って波を眺めたり、川にいって川辺で風にふかれたりして、気分転換をするとリラックスできます。
ほかにも山奥の滝を見に行ったり、都会の公園で噴水を眺めたり、水を眺めることで私たちは安らぎや落ち着きを得ることがあります。
日本庭園に池を作ったり、枯山水を作って水のある風景に見立てたりするのも、日本では昔から水の癒し効果を生活に取り入れていたと考えられます。
現在では、親水公園が作られたり、川沿いが整備されたり、人と水とが触れ合う空間が見直されています。

4、入浴、温泉の効果
入浴には様々な効果があります。
温熱によって皮膚の汗腺が開き、毛穴の汚れが落ちて皮膚の汚れが落ちます。
また血行がよくなり、体全体があたたまり、老廃物が排出されて新陳代謝が高まるという効果もあります。熱いお湯(42度くらい)には、交感神経を刺激して気分を引き締める効果があり、ぬるめのお湯(38度から40度)には副交感神経を働かせ、リラックスさせる効果があります。

このように水は飲むだけでなく様々な場面でリラックス効果が期待できるのです!

関連記事一覧