がんが消える?不思議な水

お水の選び方

がんを死滅させるスーパーライトウォーター

アルカリイオン水よりさらに積極的にがんを抑える水があります。
それは「スーパーライトウォーター」。日本語に訳すと「重水減少水」。
地球上の水には、どの地域の水でも重水という成分が含まれています。
この重水はがん細胞が増殖するのに欠かせない成分で、逆にがん細胞から重水を取り除くと、やがてがん細胞は栄養失調になって死滅します。

体内では、たえずがん細胞が生まれており、免疫細胞ががん細胞を増殖させないようにたえず動いています。
しかし、免疫が落ちているなどで免疫細胞がうまく働かないと、がんが増殖を続け、がん化していきます。

ところがスーパーライトウォーターには、たとえ免疫が落ちている時でも、水の力によってがん細胞を増殖させないという作用があります。
がんの動物に重水の濃度の低い水を飲ませると、延命効果が著しく高まることがわかっています。

これにより、重水の濃度を低くしたスーパーライトウォーターが開発され、ヨーロッパでは本格的に販売が始まり、その頃から確実にがん患者が減少しているといいます。
日本でもネット販売などにより販売されていますが、非常に高価なため広くは普及していません。

一方、さらに特殊で不思議な水があります。
最新テクノロジーにより酸素を非常に細かい泡にして溶けこました「ナノバブルウォーター」です。

淡水魚も海水魚も同じナノバブルウォーターの中に棲めるのです。
瀕死の状態の魚もこの水に入れると、急に元気になります。

まだ多くはわかっていませんが、ナノバブルウォーターは将来、人間のさまざまな病気を治すようになるかもしれない、非常に注目されている水なのです。

関連記事一覧